いざ福島!  |組員日誌 |
早や七月に入りました!
藤川です。
皆様、お変わりありませんか?
私は今、高速バスの中です。
ダルカラ『福島三部作』第二部の福島公演のため、いわき駅に向かっています。
やるだけのことはやってきたという気持ちと、まだまだやり残しているような気持ちと、複雑な思いの中におります。
今回は特に福島の方言の習得という、初挑戦に挑んできました。
緊張の高まりも当然かもしれません。
演劇を志した当時の初々しい気持ちに立ち返り、この緊張を乗り越えようと思います。
小雨もあがったのか、窓の外が明るくなってきました。
皆様のご活躍を心からお祈りしております。

                    
私の個人史に是非書きたいこと  |組員日誌 |


みなさま

こんにちは。大西玲子です。
お元気ですか?

先日、演出助手で参加していた
演劇集団 円+シアターX提携
『アインシュタインの休日』
が幕を閉じました。
ありがとうございました。

この公演で、私は女髪結いもつとめており、主につぶし島田や丸髷など結っていました。
ある日、手違いで元結が切れてしまい、当てにしていたお店にもなく、けれども途方にくれる時間はないので、老舗の理容店のドアをたたくしかない!と両国の町を奔走し、たどり着いた1店目。
ベテランの女店主の方がカラッと、「…うちは、扱ってないから!ゴメンね!」。
もはや半ベソで2店目へ。
今度は、白髪の穏やかそうな紳士がお二人、それぞれお客様を対応していらっしゃいました。
私のあまりに悲壮感漂う雰囲気に、そのお客様も振り返りました。。
どうか、どうか分けてくださいませんかとお伝えしたら、
「ゼンブ持ってかれちゃ困るケド…」と、にこやかに鋏を置いて、戸棚から出してくださいました。
人の情けというものは、こんなにも沁みるのか……。
翌日、和菓子を持ってお礼に伺ったら、ちょうどお客様がいなくて、仕事モードとはまた別の笑顔で迎えてくださいました。
私も、できることには手を差し伸べるぞ……!!


大西玲子

                    
ぺこのほっぺ  |- |


おはようございます。
梅雨の朝。
雨音で目が覚めました、福寿です。

最近、オジギソウの種を蒔きました。
吹けば飛ぶようなオモチャの観察キットに、ゴマ粒ほどの小さな種を4つ。
パラパラ、パラ、パラ、、、
これで本当に芽が出るんだろうか。
毎朝楽しみに起きてくる息子を、3日程じらせ、ようやくチラっと顔を覗かせた、オジギソウ!
別名、眠り草とも言うそうです。
我が家では「ぺこ」と命名しました。

ぺこに毎日、メガホンで話しかける息子。
そうして、ちょこんと触れると、名前の通り、ぺこりお辞儀をするようになりました。
「おかぁちゃん!ぺこのほっぺ触ったら、頭下げたんだよ!!」
「……?!」
息子には、葉っぱがほっぺに見えるようで。
反応があるって、嬉しいものですね。
見れば見る程、不思議なくらい頭を垂れてお辞儀する姿に、ちょこん、ちょこんと、ぺこのほっぺを撫でまわしております。

ぺこり、ぺこり。
スヤスヤ、スクスク。。。

眠りながらも、小さな葉を増やし続けております。

ぷくじゅ

                    
まもなく本番です!  |組員日誌 |
皆さん、突然の夏の到来に身体壊したりしていませんか?
さて、今週から僕が舞台出演します「#マクベス」がスタートいたします!!劇団員のみんなも他の現場で頑張っているようですが、まず僕が一足早く本番です!
久しぶり舞台出演なので、本番前のこのワクワクドキドキ感に懐かしく思う日々でございます。
写真は衣装合わせの私、荒井志郎です!

5/29〜6/1まで仙川劇場でやってます。是非まで遊びに来てください。

詳細はこちら
http://moments.jp/



IMG_2588.JPG



                    
静岡が演劇の街に!  |組員日誌 |

皆様ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか!?


私は地元静岡で、ある公演を観てまいりました!

ラウドヒル計画『BEAT IT!!』

芝居、ダンス、殺陣、映像と盛り沢山の内容。

そして、市民参加とは思えぬ熱量とレベルの高さに大感動しました。

実はこの企画、私も学生の頃からずっと出演していたのです。舞台に立つ、きらめきを持った仲間の姿を見ると、演劇の楽しさを改めて実感します。


観劇の翌日は、同じく静岡で行われていたストレンジシードを見るべく街中へ!

慣れ親しんだ場所のいたるところで演劇が上演される様子に、嬉しさとドキドキが止まりませんでした。


土屋杏文




                    
「令和」の令  |組員日誌 |
平成最後の、という言葉が飛び交う中のご挨拶となります。
藤川です。
新元号の「令和」が発表された時、正直「令」という文字は、100融笋砲呂△蠅泙擦鵑任靴拭
私は、言葉というものに興味があります。並み並みならぬものがあるように思います。
例えば、「もりさん」という名前は当然「森さん」だと思っていたら「盛さん」だったりすると、ええって思います。
最近、通りがかりに新しいお店ができて
「鮪成人」とありました。
まぐろせいじん?ではなく「まぐろなるど」でした。
面白いなと思いましたが、私はこういう名前の付け方は好きではありません。
それはともかく、
言葉に興味を抱くというのは、生来的なもので教えられてどうのこうというものではないように思います。
「令和」の令と聞いて、小学生の時の「みついしれいじ」君の名前を思い出しました。とても表情豊かで勉強も良くできた子で委員にも選ばれていました。
「令二」の令は、当時としては超ユニークで印象深く今だに覚えています。
「令」の一文字は響きもよく、なかなか興味深いものがあります。
「言葉」とは何でしょうか?
命でしょうか?
よく分かりませんが、大事なものだという気はします。
皆さまのご活躍をお祈り致します!
藤川















                    
先輩たち!  |- |


一気にあたたかくなって参りましたね。
保育園の園児たちは、はやくも半袖で走り回っておりますが、あの寒の戻りに何度となくやられた私は、スパッと薄着になれずにおります、福寿です。

さて、ただいま絶賛客演中であります公演に、私が昔、通っておりました俳優座研究所時代の同期と、先輩たちが来てくださいました。
10代の頃から憧れていた先輩たち!
舞台で光り輝く姿に、声に、どれだけときめいたことか!先輩達が発表会でかけて下さる一言に、一喜一憂したことを今でも覚えています。
うまくいかずに唸ってばかりいたけれど、時を経て、ワークショップで先輩に再会した時に、先輩も同じように唸っていて、劇団の枠を超えて、ひとりの俳優として、女性として、巡り巡って再会できたことがとても嬉しく、それからお会いする度、背筋がピシッと伸びるのでした。

観に来て下さったお客様で、早くも小夏ちゃんの新作「アインシュタインの休日」をご予約いただいた方もおり!まあるい輪が繋がっているようで、勇気をいただいております。
組員も、日々、見届けてくれていて、感謝です。
日曜日まで、作品に磨きをかけて参ります。
是非、お待ちしております。


福寿奈央


福寿客演4/21まで!【TOKYOハンバーグ】
http://tokyohamburg.com/


小夏新作【演劇集団 円】
https://en3987.wixsite.com/einstein


                    
<< | 2/97PAGES | >>