るこの稽古場レポート2  |24-雨と猫といくつかの嘘・2017 |
こんにちわ!
大学生インターンの「るこ」こと阿部薫子です。
軽く自己紹介をすると 生まれも育ちも博多っ子。四姉妹の三女です。
大学入学を機に上京し、現在は大学3年生です。
都市と演劇に興味があり、大学ではランドスケープや演劇を勉強中です。

はい!今回は『雨と猫といくつかの嘘』B華やぎの香り、猫組ver.
の稽古場の様子をお伝えします。
Bチームの稽古を初めてみたのですが

まさに華やぎの香りという感じで
観ていてすごくやさしい気持ちに。
同じ演目でもAとBでここまで異なる魅力が生まれてくるのだなと
改めてこの作品の魅力や役者さんたちの果敢な姿に感動させられます。


(左からしゅうさん、ぷくじゅさん、りょうさん。 このお三方が揃うと『パール食堂のマリア』を思い出し一人でニヤニヤしてます)

ディレクション一つで、場面の色がじわじわと変化し
些細な動作一つで、そのキャラクターへの愛着が増してゆき
その目線一つで、さらに想像をかきたてる。

青☆組の稽古では
そんな細かで丁寧な調整が、実験が、おこなわれています。

そ・し・て・!今回は初の通し稽古でした。
音響の泉田さんも来てくださり音も入っての通し。
全体を通してみるとまた違った風景や香りを感じることができました。

これからさらに魅力的な香りになっていきそうでたのしみです。

読んでくださりありがとうございます。
ではまた!

                    
青☆組次回公演、見どころご紹介コーナーその四  |24-青色文庫 -其参、アンコール選集- |
さて、今回ご紹介する演目は!

『青色文庫 −其参、アンコール選集−』
D「幸福の王子」「野ばら」


青☆組でおなじみのみなさまのコメント、要チェックでございます☆

                    
青☆組次回公演、見どころご紹介コーナーその三  |24-青色文庫 -其参、アンコール選集- |
さて、今回ご紹介する演目は!

『青色文庫 −其参、アンコール選集−』
C?『時計屋の恋』


彩り豊かなみなさまのコメント、要チェックでございます☆

                    
青☆組次回公演、見どころご紹介動画☆その二  |24-雨と猫といくつかの嘘・2017 |
「雨と猫といくつかの嘘」
B華やぎの香り、猫組ver.

前回の雨組に続き、今回は猫組の見どころをご紹介!
みなさま是非ご覧くださいませ☆


                    
「時計屋の恋」稽古場レポート  |24-青色文庫 -其参、アンコール選集- |
はじめまして。小林依通子です。
稽古場では、こっこ、と呼ばれています。演出助手で、ささやかにお手伝いさせていただいています。

初夏公演の稽古が始まってからもうすぐ1ヶ月。すでに、すべての作品の稽古が始まりました。

今日は「時計屋の恋」の稽古の様子をお届けします。



4月28日。夜からスタート。

時計屋メンバーは、ワークショップ参加者が多く、お互い初めましての方が多いのに、すでに打ち解けて、居心地のよい空気感。

そんな出演者のおひとり、田村元さんから、この日、ちょっと変わった蜜柑の差し入れが。


その名も、なつみ。
(時計屋の恋は、なつみ、という女性がキーなのです。)
なんて甘酸っぱい。まるで恋。
美味しくいただきました。



稽古がスタート。どの作品でも、稽古は必ずアップから始まります。からだもこころも動かすと、緊張がほどけて、自然と集中力が高まっていきます。


普段から行っているアップのなかで、2.3人で1組になり、一曲の歌を一音ずつ歌い継いでいく、からす、と呼んでいるものがあります。
一音目を歌い出すリーダーに、声質・音量・音程・歌い方を合わせるのですが、これが結構、むずかしい。
役者さんそれぞれの個性、というか、素材というものが、よく分かります。
向きあって歌う組、顔を見あって歌う組、声に集中するために床をじっと見つめる組、横に並んで互いの声を聴きあう組。取り組み方、相手とのコミュニケーションの仕方もそれぞれです。


相手の声をよく聴くことって、実は、普段していないかも。声をひとつにすることって、相手との距離を、ぐっと縮められるのかも。それは演技をする上で、とっても大事なことかも。
青☆組が、和気あいあいとしている秘密も、もしかしたらここにあるのかも。



ブレイクを入れたあと、いよいよ読みが始まります。
「時計屋の恋」は、ある小さな田舎町の、お彼岸の一日を描く群像劇。「待ち人来たらず」のくじを引いた人々を、そっと見つめる物語。(HPから引用。笑)…です。

時計屋を畳んだ男。その息子の嫁。ふたりが住む家に、集まるひとびと。それぞれ心になにかを宿している…
台本の最後まで読み進めるのは、今日が2回目。読んでは、返し、読んでは、返し。稽古は少しずつ進みます。

ときおり、小夏さんのディレクションが入る。
「ここは申し訳なさそうに」
「場を明るくしようと話題を変えるように」…

小夏さんのディレクションは、とても丁寧です。それにすぐ応える役者の皆さま。さすがです。(時には、稽古場がひっくり返るくらいの笑いがおきます。)
ディレクションが入ると、役の見え方が、一気に変わる。登場人物たちに彩りがうまれる。シーンに、はずみがついて、物語がわっと立ち上がってくる。
驚きです。

わたしは、今回の公演に向けてのワークショップオーディションに、1日だけ参加させていただきました。
そのときも、小夏さんのたった一言で、セリフの意味が変わって聞こえたり、関係性が急に怪しくみえてきたりして、すごくおもしろかったなあ。


時には、役者さんへのテーマも投げていく小夏さん。
「今回の公演では、こういう演技を、◯◯さんのテーマにしてみましょうか」
小夏さんが、役者さんひとりひとりを活かして、どの役もいきいきするように作品づくりをしていることが、よく分かります。



「時計屋の恋」は、リーディングだけれど、相手との距離感、場の空間を意識して、稽古しています。
お芝居のような動きがない分、ことばから情景が浮かびあがりやすい。物語が、より深まる気がします。
想像する楽しみ。感じる楽しみ。

これからは、ここぞという時に立ち上がったり、歩いたり、走ったり、ミザンスをつけての稽古が始まります。

リーディングと侮るなかれ。
青☆組の「時計屋の恋」は、リーディングの枠を超えて、見応えあるものになっています。

〜からだで語り、ことばを奏でる、「観る」ドラマリーディング〜

みなさんへのお知らせの文章のなかの一文。まさにこの通り。

青☆組の稽古場は、作品は、ほんとうに豊かです。日々、からだで感じています。
どうぞ「時計屋の恋」を、お楽しみに…。

∞ 小林依通子

                    
青☆組次回公演、見どころご紹介動画☆  |24-雨と猫といくつかの嘘・2017 |

 


「雨と猫といくつかの嘘」
Aいぶし銀の味、雨組ver.

雨組の見どころをご紹介!
皆様是非ご覧くださいませ☆


☆動画URL☆
youtu.be/1-wp7ZcGMUI

 

 

                    
雨も好き猫も好き  |24-雨と猫といくつかの嘘・2017 |
みなさまこんにちは!トルティです!
全演目の稽古がもりもり始まり気がつけば開幕まで残り一ヶ月を切りました。
ここからどんどん積み上げていくぞー!!と息巻いております。

さて、本日は演目のうちの一つ「雨と猫といくつかの嘘」についてつらつらと...


私、実は雨がひじょーに苦手でして、雨が降る日なんてろくなことがない!と思って生きてきたのですが、
最近、雨が好きです。雨の日にさす傘も好きです。
きっとこの作品に携わっているからだろうなあと思います。

それから猫も好きです。猫は実家で飼っていることもあり、近頃ますます好き度合いが増しています。先日も猫カフェを訪れまして、いやあ、いいですね。永遠にいたい空間。天国。
この猫は誰誰に似ているな、とか考えるとブワーッと想像がふくらんで思わずニヤニヤしてしまったり...



ふふふ

                    
<< | 2/86PAGES | >>