「令和」の令  |組員日誌 |
平成最後の、という言葉が飛び交う中のご挨拶となります。
藤川です。
新元号の「令和」が発表された時、正直「令」という文字は、100融笋砲呂△蠅泙擦鵑任靴拭
私は、言葉というものに興味があります。並み並みならぬものがあるように思います。
例えば、「もりさん」という名前は当然「森さん」だと思っていたら「盛さん」だったりすると、ええって思います。
最近、通りがかりに新しいお店ができて
「鮪成人」とありました。
まぐろせいじん?ではなく「まぐろなるど」でした。
面白いなと思いましたが、私はこういう名前の付け方は好きではありません。
それはともかく、
言葉に興味を抱くというのは、生来的なもので教えられてどうのこうというものではないように思います。
「令和」の令と聞いて、小学生の時の「みついしれいじ」君の名前を思い出しました。とても表情豊かで勉強も良くできた子で委員にも選ばれていました。
「令二」の令は、当時としては超ユニークで印象深く今だに覚えています。
「令」の一文字は響きもよく、なかなか興味深いものがあります。
「言葉」とは何でしょうか?
命でしょうか?
よく分かりませんが、大事なものだという気はします。
皆さまのご活躍をお祈り致します!
藤川















                    
先輩たち!  |- |


一気にあたたかくなって参りましたね。
保育園の園児たちは、はやくも半袖で走り回っておりますが、あの寒の戻りに何度となくやられた私は、スパッと薄着になれずにおります、福寿です。

さて、ただいま絶賛客演中であります公演に、私が昔、通っておりました俳優座研究所時代の同期と、先輩たちが来てくださいました。
10代の頃から憧れていた先輩たち!
舞台で光り輝く姿に、声に、どれだけときめいたことか!先輩達が発表会でかけて下さる一言に、一喜一憂したことを今でも覚えています。
うまくいかずに唸ってばかりいたけれど、時を経て、ワークショップで先輩に再会した時に、先輩も同じように唸っていて、劇団の枠を超えて、ひとりの俳優として、女性として、巡り巡って再会できたことがとても嬉しく、それからお会いする度、背筋がピシッと伸びるのでした。

観に来て下さったお客様で、早くも小夏ちゃんの新作「アインシュタインの休日」をご予約いただいた方もおり!まあるい輪が繋がっているようで、勇気をいただいております。
組員も、日々、見届けてくれていて、感謝です。
日曜日まで、作品に磨きをかけて参ります。
是非、お待ちしております。


福寿奈央


福寿客演4/21まで!【TOKYOハンバーグ】
http://tokyohamburg.com/


小夏新作【演劇集団 円】
https://en3987.wixsite.com/einstein


                    
前を向くのは慣れてきた。  |組員日誌 |

こんにちは。
大西玲子です。

みなさまお花見はなさいましたか?
私は、我が家の近くのお寺に愛でにゆきました。
ゆっくり腰をおろして、という訳にはいかなかったけれど、やはり、桜の中に立つと気持ちが良い。

3月は、対話を諦められてしまうことの辛さを改めて感じた月でした。
4月に入り、新年度、と心を切り替えようとしてもそれは難しく、世にも決して他人事でない胸の痛くなるニュースが後を絶ちません。
それでも、手を差し伸べてくれる人や、言葉や、新たな出会いと学びに支えられ、日々を乗り越えられています。
本当にありがたいことです。

生きていると、様々な節目があり、出会いも、また別れも必ずあります。
この、”別れが必ずある”ということの自覚と体感を得たことは、大きな宝であり、鮮度を保って持ち続けたいと思います。
振り向かないのは不得意だけど、明るく前を向くのは慣れてきました。
4月。
踏み出せ、前へ、前へ。

 


 

大西玲子

                    
3.24  |組員日誌 |
IMG_1386.jpg
本日、僕の40回目の誕生日でもあったのですが、うちの地元では我が小学校の閉校式もあったのです。
残念ながら参加は出来なかったのですが、地元の同級生から数多くの写真や動画が送られ、通っていた時と変わらない学校の姿に童心に戻って思いを馳せたりしていたところに、初老おめでとう!のお祝いメッセージが届いたりと、今日は子供と大人を行ったり来たりした一日でした。
平成も終わり、イチローも引退し、小学校も閉校し、そして僕は四十になりました。
新たな時代をしっかり生きて行きたいと思います。
荒井志郎
                    
おおのの♪終演致しました  |組員日誌 |

先日、客演させていただいていた

おおのの♪最後の公演

『ザ・漱石 再演ニ非ズ』

が無事終演致しました。


家業の玩具屋さんを継ぐため、東京を離れることになった、花組芝居の大野裕明さんの最後の晴れ舞台。出演させていただけて、至極光栄でありました。


青☆組の先輩方や、ご贔屓の方々、

多くの皆様に温かく見守られながらの公演となりました。

本当にありがとうございました!


写真は、大学時代から付き合いのある大好きな後輩ちゃんが下さった、浜松餃子ストラップです☆

私に似ていると購入して下さったのだそう。目が飛び出る仕様です。か、可愛い、、!


普段自分の身の回りにいる方々、離れていても見守ってくれている方々を大切に、これからも精進していこうと、今まで以上に強く強く感じた数ヶ月でした。


土屋杏文

                    
独酌独語  |組員日誌 |
こんにちはー、藤川です。
明日は3月3日、雛祭り!ってんで不思議と気持ち、華やぎますね。
お蔭様でまともに歩けなかった膝腰の痛みが、名医の凄腕ですったすった歩けるようになっております。

整形外科のレントゲン・MRI検査でも探れなかった原因を、整骨院の先生が初診の触診でずばっと言い当てましたよ。
曰く、「右股関節の前方へのズレ、右腹部の筋肉の硬さ」だと。
要するに、主たる原因はズレにあると。
そりゃあ、お値段の方もそれなりのものがありましたけどね。
金欠病を常としていた若い身空ではとてもとてものものじゃなかったですよ。
1対1の熱意の手ほどきを痛いほど感じました。誇りを背負っているなってね。
翻って整形外科ってえところはどうなのかしら?正直患者さんが多すぎて診る方も大変ですな、「ハイ、次!」ってなもんですよ。手抜きってえと語弊がありますから決して言いませんけどね。
でもなんですかね、その症状の原因をピタッと当てるってえところが名医の名医たる所以なんでしょうね。
いやお互い名医にあやかって、更に上を目指したいものですな、上を!
ではまた、お会いしましょう!
妄言多謝


                    
劇団内ワークショップッッ!!  |- |

ふっと春を思わせる日差しと、梅の可愛らしい姿を見かけると、心が華やぎますね。
お久しぶりです、福寿です。
先日、劇団内ワークショップを行いました!!
ずっと気になっていた俳優さんと、いまや青☆組に欠かせない俳優陣に、えいやっ!とお声がけさせていただき、多忙な皆様に朝早くからお時間つくっていただきました。

なんと昨日まで本番だった方々が、打ち上げた数時間後にまたもや同じ駅に降り立っているっていう。。。デジャヴ?
もうもう、感謝しかありませんっ。

いつも劇団でやっているアップやゲームをやりながら、少しずつ、周波?波動?なんだろう、呼吸を知りあって、合わせてゆくのですが、そんなちょっとしたゲームをも、自身の経験と重ねながら、貪欲に謙虚に楽しんでキャッチしてゆく皆様の姿に、終始、唸りっぱなし!

出会う力って計り知れないものですね。
組員一同、嬉しさが溢れ出ていた一日でした。
集まって下さった皆様に、改めて感謝!!

ぷくじゅ

                    
<< | 2/96PAGES | >>