自然いっぱい!!  |組員日誌 |
IMG_6145.jpg
コロナの影響で遠出出来ないかわりに自宅付近を毎日散歩していたら、みつけちゃいました!
なんにもない町だと思っていた我が町清瀬。
めちゃめちゃ自然の宝庫でした!!
蛍が出る小川があり、軽井沢のような雑木林があり、野鳥が集いビオートープあり!!
コロナのおかげで、我が町が好きになりましたー!!
荒井
                    
物語の海  |組員日誌 |

最近の私は、昔の台本や、よく読んでいた小説を引っ張り出して、一人で音読することにはまっています。


気がつくと数時間があっという間に過ぎていて、ああ、そういえば小学生の頃、一つの事に没頭しすぎるが故に先生からよく叱られていたっけなあ、と思い出が蘇ります(苦笑)

文字の海に飛び込むと、色々な想像が膨らんでくるのが好きです。
いつかこれを舞台でやってみたいなとか、この役はあの方で決まりだ!とか、、
もちろん物語の中にある情景や匂いや音を感じるのも楽しいです。

今日はどんなお話の海に飛び込もうかなあ。

土屋杏文

                    
増岡弘さん!  |組員日誌 |
増岡弘さんが3月21日に直腸がんで亡くなったことを知ったのは、つい最近のことだ。増岡さんは、劇団東京ルネッサンスを主宰されており、私は呼んでもらって客演している。
落語『文七元結』を増岡さんが芝居に起こした『ああ、隅田川』である。
主役の左官屋長兵衛に挑んだ。
増岡さんの気に入ったのか、ご自身が焼いたぐい飲みを贈ってくださった。
主演男優賞と認めてある。
30年前のことである。
増岡さんは、絵描きを志し東京芸術大学に入った才人で、陶器のみならず味噌作りにも精を出し、ご自宅もご自身で手作りしたと聞いている。

『サザエさん』のマスオの声で特に有名であるが、益々屋ちゃん助の名で語る落語の腕前も一級品である。
毎年の年賀状の「吉例金言集」を楽しみにしていた。
選ぶのに苦労する程傑作揃いであるが、いくつか紹介してみよう。
「ABCDいいえ富士」「年寄に火や水」
「またハゲそめし前髪の」「老いるショック」「おさみし定食」「はなさんかじいさん」「中年の多い料理店」
回文もある。「ぷつりとすたれたストリップ」
誰彼に出来る技ではない!
今年の年賀状は来なかったので気になってはいたのだが、厳しい病の只中にあったとは!
増岡弘さん!
大変お世話になりました!
遅くなりましたが、心を込めてご冥福をお祈り申し上げます。
藤川修二
                    
ツツジトンネル  |- |

5月ですね。
近くの公園では、ツツジが綺麗に咲いています。

自転車の旅と題して、息子とツーリングに出掛けました。
といっても、まだ公園をグルグルまわるくらいの腕前ですので、路上教習に飛び出したという所です。
坂道も多く、車道を走らなくてはいけない道も出てくるため、前を走る教官としてもコースを考えるだけで、ひと苦労。
この日はレベルアップして、ジェットコースター並みの長い急坂に挑戦!!

気持ち良い風、加速するスピード、怖いのと何とも言えないドキドキ!
あとちょっとでゴール!という所で、歩道の段差にあえなく撃沈、、、
派手にすっ転び、ワァワァ泣きました。

そんな景色を見ていたら、自分も同じ頃、友達は難なくクリアした段差で、勢い良く倒れた瞬間を鮮明に思い出した。
あのいけるって強い思いと、衝撃的な躓き。。。

写真は、ゴールの公園にあったツツジトンネル。
ツツジ達に囲まれて、しばし癒されたのでした。

いまできる体験を、いまできる範囲で、思いっきり刻み込みたいものですね。
みなさま、お身体大切にお過ごしください。

ぷくじゅ

                    
祖母を想う空  |組員日誌 |


こんにちは。
大西玲子です。

少し前ですが、祖母を想いに、父とふたりでお寺へ行った時の写真を。
ここは5月になれば一面にツツジが咲き誇ります。この時はまだだけれど、それでもとても美しい景色です。



上にはひろがる空、下にはこんなかわいらしい花が咲いて。



自然物にぽんやり心奪われることが増えました。ただそこにあるもの。心穏やかに、みなさま、どうか、どうかお元気で。

大西玲子
                    
雪だるま!  |組員日誌 |
IMG_5739.jpg
32年ぶりに都内でこの時期の積雪があったので、僕も30年ぶりくらいに雪だるまを作ってみました!!
よく見ると、二体とも右肩上がりに仕上がりました(笑)縁起がいい!!

不安な毎日が続いていますが、お身体には十分お気をつけください!
荒井
                    
ピアノの思い出  |組員日誌 |
自身の幼い頃の写真を見つけました。

ピアノ教室に通っていた時の、発表会後の一枚。(疲労感が漂っていますが、、)


正直に言ってしまうと、レッスンも家での練習もあまり好きではありませんでした。
上手く弾けずに半ベソをかきながら、楽譜を見つめていた日々。発表会の直前、舞台袖にある椅子に一人で座る心細さと、緊張感。

でも、ずっと、ピアノの音が大好きです。

ピアノ曲を聞くときは、身体の内側から音符が溢れ出してくるような、不思議な感覚があります。ショパン「幻想即興曲」や、ベートーヴェン「月光」は私のバイブルです。

もう長い間、鍵盤には触れていませんが、久しぶりに弾いてみたいなあと思う、そんな春の日。


土屋杏文

                    
<< | 2/100PAGES | >>