<< 増岡弘さん!| main |

物語の海  |組員日誌 |

最近の私は、昔の台本や、よく読んでいた小説を引っ張り出して、一人で音読することにはまっています。


気がつくと数時間があっという間に過ぎていて、ああ、そういえば小学生の頃、一つの事に没頭しすぎるが故に先生からよく叱られていたっけなあ、と思い出が蘇ります(苦笑)

文字の海に飛び込むと、色々な想像が膨らんでくるのが好きです。
いつかこれを舞台でやってみたいなとか、この役はあの方で決まりだ!とか、、
もちろん物語の中にある情景や匂いや音を感じるのも楽しいです。

今日はどんなお話の海に飛び込もうかなあ。

土屋杏文