<< タイムマシンすごろく| main |ピアノの思い出 >>

38億年の時間を紡いで  |組員日誌 |
こんにちは、藤川です。
皆様は、福島市三春町福聚寺で住職をされている玄侑宗久氏をご存じでしょうか?「中陰の花」で芥川賞を受賞された作家としても有名な方であります。
私はこの人にいつも励まされ教えられて来ました。
3・11後も「しかし福島は私にとって、これからも生きて行く場所であり、愛すべき場所であることは間違いない。今回のことで、私は初めてのようにそう思ったのである。」
ここにいることのご縁を大事にされている。そして私に勇気を与えた『福島に生きる』は次のように締め括られる。
「膨大な死者を思いつつ、未踏の大地を進んでいく私たちは、明らかにフロンティアに立っている。」
私は私の細胞の中には、38億年の歳月が流れ、38億年の時間が紡がれていることを知って驚いた。ですから私の本当の年は、38億72歳なのである。
それは皆様も同様であります。
今生きていることに感謝しないではおられませんね。
皆様、お元気でお過ごしください!