<< 穂の国に暮らして| main |38億年の時間を紡いで >>

タイムマシンすごろく  |- |



3月がはじまりましたね。
福寿です。
この数日の目まぐるしい変化に、右往左往しております。
一早い終息と、健やかな生活を願わずにはいられません。

さて、この3月で卒園する息子の文集をつくりました。
『大きくなって見た時に元気が出るもの』というテーマで真っ白な紙が渡され、怯えた挙句に考えついたのは、保育園生活でのビックニュースを『すごろく』にしてみる!というモノでした。。。

??おたふくで入園式おやすみ。1回やすみ。
??ヒーローごっこで、鼻血がでる。1つもどる。

なんとも踏んだり蹴ったりなエピソードばかりで、なかなか進まない。
ハッピーなことはなかったかと連絡帳を読み進めていくと、先生の熱い文章が!

こんな真剣に向き合ってくれている先生の言葉こそ、大きくなって見せたい言葉だなと、大事に連絡帳をしまいました。

文集を開く、未来を想いながら。
息子は、また全然違う思い出を語ってくれるでしょうか。

ぷくじゅ