<< 『グランパと赤い塔』 絶賛公演中!| main |公演終わって、12月 >>

お礼のことば。  |- |


こんにちは。
大西玲子です。

青☆組 vol.24
『グランパと赤い塔』
たくさんの方に見守られ、無事に全公演が終幕致しました。
ありがとうございました。

劇団としての2年ぶりの新作。
力強いメンバーとともに荒波を乗り越え、幕があいたらあっという間。
人の夢は儚し、といいます。
本当に儚い、ひとときでした。
一緒に過ごして下さった皆様、ありがとうございました。

今回で、土屋杏文と有吉宣人は揃って新作を初体験し、佐度も劇団員としてきっちり演出助手の仕事を務めました。
他の劇団員も、新しい居所に挑戦した作品であったと思います。
こうやって劇団は進化してゆくのだ、という実感がありました。

青☆組って、
『海の五線譜』や『雨と猫といくつかの嘘』などと
今回のような企画の作品(あうるすぽっとでやった『モモ』とかも含め)と、どちらも同じ考え方と想いで創作できるところが私は好きです。
なんて。自分で言ってしまいます。
今後も、この広くて深い作品づくりが出来ますように。
願わくば、全国をまわって、今はまだ手の届かないあなたに、会いに行きたいです。

ありがとうございました。

また、いつか。


大西玲子