<< 海城中学WS &発表会を終えて| main |ありー >>

春を待つ  |組員日誌 |


春一番が吹いてから「この感じ…」と肌で春を実感する瞬間が増えましたね。「春のこと」は一瞬で思い出せるのに、毎年出している確定申告については、呆れるほど、きれいサッパリ忘れている福寿です。
みなさま、お元気ですか。

2月は、青☆組のワークショップ・オーディションがありました。
応募してくださった皆様、ご参加いただいた皆様。本当にありがとうございました。
ただただ一緒に居させていただいて、まっすぐに何かに向かう姿、それぞれの人生の中に、何か新しいものを取り込むぞー!再発見だ!!とビシバシ吸収するぞアンテナが向けられた稽古場は、ムンムンと蒸気を発しており、なんだかもぅ役者って生き物が、たまらなく愛おしく、劇団にとっても最高に幸せな時間を過ごさせていただきました。時間が経った今も、なお、みんなの姿が鮮明に焼き付いております。
劇団の都合で、すぐにはお誘い出来ない方もいらっしゃり、とっても歯痒いです。でも、出会った!出会えたのですもの。長い目で、こちらからも皆様の活躍を追いかけて、目撃していきたいな〜と、思っております。
俄然、春を迎えるのが楽しみな、2月の終わりなのです。

写真は、今月69歳を迎えた修さん。更にハツラツと元気な、この春の修さんにも、どうぞご注目くださいませ〜〜!!

ぷくじゅ