<< あたらしいはじまり| main |春を待つ >>

海城中学WS &発表会を終えて  |組員日誌 |

KIMG0042.JPG
皆様、お正月もあと数日で終わり二の月に入りますね。
いかがお過ごしでしょうか?
こんにちは、藤川です。
私たち青☆組は、1月は海城中学でコミュニケーション授業のWS を3週連続で行いました。
最後の回は、保護者の皆様、担任の先生にもご覧いただきながら発表会の運びとなりました。
6組と4組の3分間弱の発表会でしたが、どの班のチームの創作も面白く
味わいがありました。
今回のWS では、講師の吉田小夏も一段と落ち着きが増し頼もしい限りでした。
アシスタント陣も発表会の際、生徒に混じって出演しましたが、程良く溶け混んでとても好感を持つ出来栄えでした。
元ちゃんもぷくじゅもトルティもありーも、このWS を支えて余りあります。
特にトルティは、僕と一緒の班を受けもったこともあり印象に残りました。
発表会を前にして、良いものにしようと最後まで班のメンバーに粘り強く働きかけたのです。
生徒たちは見事それに応えてくれました。
ギャンブルで蔵を建てた者は未だかつていませんし、口八丁手八丁で人の信用を得る者もおりません。
地道な積み重ねこそが王道なのです。
青☆組は、間違いなく、その王道を歩き続けていると思っています。
(写真は、近くの公園の白梅です。)
藤川修二