<< あけましておめでとうございます!| main |金沢。 >>

コミュニケーション授業  |組員日誌 |


朝晩、めっきり冷え込みますね。 みなさま、お元気ですか。 最近、日本酒をおでんのダシで割るという飲み方を教わりました、福寿です。奥深い。。。まだまだ、知らないことが、いっぱいです。

さて、昨日は中学生と一緒にコミュニケーション授業を行いました。 かれこれ6年続いている小夏ちゃんの授業。いつの間にか、一年の始まりに欠かせない時間となって参りました。

今年もあらゆるミッションに、果敢に挑戦してゆく生徒さん。 何人かの身体で、物を形づくるお題があるのですが、小夏ちゃんから
『20人で厳島神社の大鳥居!』
という無理難題が与えられ、戸惑いながらも肩車が始まったり、これ以上大きくならない!とワラワラと崩れていったり
『あと何だ!』『海?』
と聞こえるやいなや、床一面にうつ伏せになって揺れ始めだし、一緒に考え見守っていた観客からもドッと拍手が湧いていました。

その後も、絵葉書を元にシーンを立ち上げてゆくのですが、言葉や発想、こちらのミッションを全部プラスに受け取ろうとフル回転させ、ひとつひとつを発見してゆこうとするキラキラな姿に、こちらが圧倒されまくりでした。
組員も一緒になって参戦し、昨日はトルティーちゃんが『ザーザー』と言いながら激しく全身を揺らして雨になっていたり、修さんが「広島風お好み焼きの麺」になっていて最高でした。

写真は、小夏ちゃんトルティーと渡邊先生。先生は、6年前はまだ卒業生で、ずっとお手伝いで参加してくれていたのですが、いまや立派な先生に!誰よりも熱く楽しんで授業を見守ってくれています。

さぁ、来週はどんな授業になりますか。 頭も身体も柔らかに、参りたいと思います。

ぷくじゅ