<< メリークリスマスのうた| main |母からのダンボール二箱 >>

紅冬至梅  |組員日誌 |

KIMG0029.JPG
休みの日は、近くの公園に行くことにしている。ジョギングコース1000叩3が浮かぶ池あり、子ども用の遊具あり、芝生の広場あり。僕はジョギングすることもあるけれど、大抵は歩く。ゆっくり歩く。
空が大きく開けて気持ちいい。今日の空の青さは格別だ。水仙が、そこここに咲いている。
梅の花を見つけたので調べてみた。
紅冬至梅(べにとうじばい)というそうだ。(写真)
僕の好きな凛とした風情はないが、それでも嬉しい。
花というのは、本当に健気だ。そこから一歩も動けないのに、文句ひとつ言わずに懸命に咲いている。このピュアな心は、人間などのとても及ぶところではない。
年の瀬が迫っている。街は車が忙しく行き交い、文字通り師走である。
皆様の今年の一年は、いかがでしたでしょうか?
来る年も、良い年でありますようにお祈り申し上げます。
藤川修二