雪だるま!  |組員日誌 |
IMG_5739.jpg
32年ぶりに都内でこの時期の積雪があったので、僕も30年ぶりくらいに雪だるまを作ってみました!!
よく見ると、二体とも右肩上がりに仕上がりました(笑)縁起がいい!!

不安な毎日が続いていますが、お身体には十分お気をつけください!
荒井
                    
ピアノの思い出  |組員日誌 |
自身の幼い頃の写真を見つけました。

ピアノ教室に通っていた時の、発表会後の一枚。(疲労感が漂っていますが、、)


正直に言ってしまうと、レッスンも家での練習もあまり好きではありませんでした。
上手く弾けずに半ベソをかきながら、楽譜を見つめていた日々。発表会の直前、舞台袖にある椅子に一人で座る心細さと、緊張感。

でも、ずっと、ピアノの音が大好きです。

ピアノ曲を聞くときは、身体の内側から音符が溢れ出してくるような、不思議な感覚があります。ショパン「幻想即興曲」や、ベートーヴェン「月光」は私のバイブルです。

もう長い間、鍵盤には触れていませんが、久しぶりに弾いてみたいなあと思う、そんな春の日。


土屋杏文

                    
38億年の時間を紡いで  |組員日誌 |
こんにちは、藤川です。
皆様は、福島市三春町福聚寺で住職をされている玄侑宗久氏をご存じでしょうか?「中陰の花」で芥川賞を受賞された作家としても有名な方であります。
私はこの人にいつも励まされ教えられて来ました。
3・11後も「しかし福島は私にとって、これからも生きて行く場所であり、愛すべき場所であることは間違いない。今回のことで、私は初めてのようにそう思ったのである。」
ここにいることのご縁を大事にされている。そして私に勇気を与えた『福島に生きる』は次のように締め括られる。
「膨大な死者を思いつつ、未踏の大地を進んでいく私たちは、明らかにフロンティアに立っている。」
私は私の細胞の中には、38億年の歳月が流れ、38億年の時間が紡がれていることを知って驚いた。ですから私の本当の年は、38億72歳なのである。
それは皆様も同様であります。
今生きていることに感謝しないではおられませんね。
皆様、お元気でお過ごしください!

                    
穂の国に暮らして  |組員日誌 |
こんにちは。大西玲子です。

今、小夏ちゃんと豊橋にて、滞在制作中です。暮らしながら演劇をつくると、その街の良さやにおいが滲んで、ここでしか出来ないものが立ち上がっている実感があります。



奇祭、鬼祭にも行きました!タンキリ飴や粉を浴び、厄除けはバッチリ。今年は鬼の面が新しくなったそうで、ものすごい人でした!!



お稽古はまだ10日も経っていませんが、お稽古場に渦巻いている前向きなエネルギー、見守る力、挑戦。ここから先が楽しみです。私も頑張ります。




大西玲子
                    
寒さやっと来た!!  |組員日誌 |

皆さま、お元気ですか?

暖冬が続いていた今年もこの時期になってようやく冬らしい寒さがやってきましたね!!とはいえ、度が過ぎる寒さはやはり嫌なものです。。さらにここに来て寒さに加えスギ花粉も飛びはじめ、そしてなんといってもコロナウィルスが怖いですよね!今ではどこもマスクが枯渇した状況だから困ってる方も多いはず。

嫌なニュースが続いていますので、今日は素敵な写真を一枚。

皆さまお体には十分ご自愛下さいませ。

荒井


                    
大晦日  |組員日誌 |

皆様こんにちは!トルティです。

2019年も残すところあと1日となりました。


私は実家のある静岡へ帰省するため、新幹線の列に並んでいます。道中、車窓から富士山を眺めるのが毎回の楽しみです。今回はきっと雪化粧した立派な姿を見られるはず!


今年は大好きな祖父がふたり亡くなり、普段よりも静かなお正月になりそうですが、家族とゆっくりお喋りをして、ふたりのことを沢山、沢山思い出そうと思います。


皆様はどのようなお正月を過ごすのでしょうか?お家で過ごす方も、お仕事の方も、どうか心穏やかに過ごせますように、、


土屋杏文


                    
お礼のことば  |組員日誌 |

青☆組 vol.25
『Butterflies in my stomach』

お蔭さまで、幕引きとなりました。
ありがとうございました。

今回もたくさんの方々の力をお借りし、ご来場下さったみなさま、応援してくださったみなさまに勇気を貰っての公演でした。終演後の、お客様の様々な表情が脳裏に焼きついています。生きている人間の顔は、涙で煌いていたり、眉間にしわが寄っていたり、何かを我慢しているようだったり、ほんとうに色々でした。それを目にすることは、今回は特に、とても尊い、非常に忘れがたい瞬間の数々でした。

本当にありがとうございました。
またお会いできる日まで、勇ましく、歩き出します。
いち、に、いち、に……。

 

大西玲子

(金子愛帆さん撮影のお写真をいくつか・・)

 

                    
役者生命を懸ける  |組員日誌 |
こんにちは、藤川です。
昨日8日は、青☆組  vol.26『Butterflies in my stomach』の初日だった。
暖かいダブルコールがあったということを聞いてとても喜んでいる。
アフタートークゲストの山本タカくん、有り難う!
あれだけ緻密な稽古を重ねれば、素晴らしい舞台になるのは間違いないだろうとは思ってはいたが、実際にダブルコールを受けたと知って安堵している。
何より女優7人が、それぞれに輝いている。
明日、あさっての11日(水)には、この本編のあと、『藤川修二ひとり芝居「越冬蝶々」』を演ることになっている。
「役者生命を懸ける」というタイトルは、決して大袈裟ではない。
演り抜きます!!

藤川修二
                    
8人で見合って繋いで  |組員日誌 |


12月がはじまりましたね。
福寿です。
いよいよ春風舎、仕込みの日がやってきました。

お稽古、最後の日は、修さんのひとり芝居と、Butterflyの通しを共に見合う、大切な時間となりました。

こんな風に、ふたつの作品は繋がりあっているんだと感じたり、今まで気にもしなかった言葉たちが、修さんの作品を観た後では、妙に響いて聞こえたり。
本当にチラっとしか出ない登場人物たちにも、それぞれが選んできたこれまでの生き様が、言葉の節々から、はっきりと伺えて、終始、ジンとしてしまった。。。この人はこの人でしかない。

何より、こんなカッコイイ先輩が近くに居るなんて最高に幸せだ。

初日まで、あともう少し。
修さんのひとり芝居は、
11日(水)14:00
14日(土)18:00【あとわずか】
2回のみです。
どうかどうかお見逃しなく!!

この8人で、まだまだ宝を探し続けます。
是非とも、お待ちしております。

ぷくじゅ

                    
ちょうちょうたちの詩  |組員日誌 |

こんにちは。
大西玲子です。

『Butterflies in my stomach』
ぐんぐんお稽古進んでおります。
これまで、本を手に持ったリーディング(それでもミザンスが変わったりたくさん動いていましたが)の型式で上演されてきましたが、青☆組での初上演は演出を新たに、今回でないと出来ないことにバンバン取り組んでいます。

7人の女優がひとりの女の一生を演じる。
ここには、酸いも甘いも勿論あって、大人のデザートのようです。
甘みだけを求めない、隠されたスパイスが効いていて、秘密も後ろめたさもあって、小さくて、濃厚。

特別上演となる、修さんの一人芝居『越冬蝶々』も秀逸です。2回きりなんて勿体ない……。
戯曲を電車の中でうっかり読んでしまって、よよ、落涙。

青☆組の、初めてだらけの公演です。
お見逃し無く、という自信と、応援していただけたら嬉しいです、という気持ちの共存。
粛々と、お稽古の日々。

特設ページはコチラ

お昼間のあたたかさに騙されてはなりません。
お風邪などめされぬよう……。


大西玲子
                    
| 1/31PAGES | >>