はじまりの日。  |組員日誌 |

こんにちは。れいちぇるです。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

 

はじまりました、次回公演

『グランパと赤い塔』

先日大集合し、俳優は全員揃って並びました。

 

ううむ。

かつてない男性の多さ。面白い。

様々な場所で活躍してきた俳優たちが集まりました。

そこに、馴染みの深い愛するスタッフ陣が。

楽しみです、とても。

 

私たちは、これから一緒に、同じ町の匂いを纏い、同じ時代の空気を呼吸する。

お客様も一緒にとんでゆけますように。

あの頃の日々へ。確かにそこにあった営みへ。

 

非常に個人的な事になりますが、今回、福島の祖母が観に来てくれます。

嬉しいです。

ばぁばが「お嬢」と呼ばれていた頃のお話し、私も今のうちにたくさん聞いておこう。

 

 

大西玲子
 

                    
ネーム  |組員日誌 |
IMG_7831.JPG
自由ヶ丘駅からほど近い、最近オープンした、コスメや日用雑貨やカフェがあるお店「shiro」
名前の通り、白を基調とした、スタイリッシュでモダンなお店。

同郷とか同い年とかよりも、同じ名前って親近感湧くんですよねー。

shiro

                    
夏の思い出  |組員日誌 |



梅雨が舞い戻ってきたのでしょうか、雨の日が続いておりますね、しとしとぴっちゃん。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?
お盆に帰省された方も多いのでは!

私、土屋も、生まれ故郷である静岡に帰省しておりました。
家族に会い、迎え火を焚き、猫と戯れる中、一大イベント!中学校のクラス同窓会!なんと今回は当時担任だった先生も参加されるとのことで、久しぶりの再会に少し緊張しつつ駅近くの居酒屋へ。
先生もみんなも変わっていなくて、でも大人になっていて、話すことは、中学校の思い出話、恋愛や結婚の話、それぞれの近況...etc

卒業してもう11年もたつわけだから、当時なにを考えて、どんなことを話していたのか、うろ覚えなのですが、ああそういえば先生は話すことが好きだったなあ、とか。合唱コンクール、沢山練習したよなあ、とか。
当時の教室の匂いや床の色、色んな思い出たちがふんわり蘇ってきました。

みんなとの会話は尽きることがなく、あははーっといっぱい笑って、またね!と言って別れました。
また次回会えることを楽しみに...


写真は実家近くにて撮影。田んぼが青々としています、今年もきっと豊作です☆

トルティ

                    
11月公演へ、夏  |組員日誌 |


皆様、こんにちは。藤川です。
この夏、皆様にはいかがお過ごしでしょうか?
今、蝉しぐれの中を歩いています。1.1?のジョギングコース。木の葉が日の光を遮ってくれて気持ち良く歩けます。
木冬社公演「とりあえず、ボレロ」の稽古のことを思い出しています。
役名沢田治、記憶喪失の男。
作者清水邦夫が私に当てて書いてくれたものです。
ところが稽古が進んでも、役の勘どころを押さえることができない。また清水氏も言葉を費やして説明してくれることはない。
「藤川は、お茶を飲んでる時間もないよ」
そしてついに「考えます」とまで清水氏に言わせてしまった。
私は誰に相談することも出来ず、しかし断られるのを承知で、この公演の振付担当のM氏に助けを求めることにした。喉から手が出る程アドバイスが欲しかったのだ。
朝一番の電話。アポなしの電話である。奇跡的に了承を得た。謝礼のタバコ5箱を包んでM氏を訪ねた。
その助言のお陰である。トントン拍子に稽古が進んだのである。
共演者の松本典子と吉行和子の、「えっ!?」(何で出来たの?)という表情を今も思い出すことができる。
写真は、この公園に咲く野花です。
皆様が、幾分かでも涼しくなれますように!



                    
夏の遊び場  |- |


すっかり夏休みですね。
夏の汗が、年々確実に増え続けている福寿です。
みなさま、いい汗かかれておりますでしょうか。

4月から、おたふく風邪やら中耳炎やらと、熱ばかり出していた息子が、7月になってなんだかやっと落ちついて保育園に通うようになりました。勿論、親の生活環境も多分に影響しているのだと思うのですが、新しい保育園がどんどん楽しくなっているような。。。そんなきっかけになったのは、夏まつりのようでした。

仕事を早退して園庭に駆けつけると、そこには、ハッピ姿の園児がズラリ。
キョロキョロ息子を探していると、はにかみながら手を振っている姿が!真っ赤な顔で先生と私を交互に見て、来たよ来たよとホッとしているようでした。
相変わらず練習していた盆踊りは、全く踊らずに終わり、お神輿を担いでいる時も、みんなのペースについてゆけずに、わっしょいわっしょい神輿が肩を小突きそうでヒヤヒヤ。
そして一通りイベントが終わってからがお楽しみタイム!
ヨーヨー、おにぎり、チューペット!!
いつもの教室でゲームをすれば、景品にお菓子や光る棒まで貰えて、手作りコーナーではお絵かきして自分だけの仮面を作る。
18時には、もうみんなでワイワイ貰った唐揚げ食べてモリモリムシャムシャムシャご飯タイム。
先生たちもハッピ姿で店員さんになっていたり、いつもの風景がガラリ変わって解放された保育園は、息子にとって夢みたいに賑わった、なんでもできちゃう遊び場だったのだと思います。

西日をずっと浴び続けて大興奮していたせいか、豆絞りで縛った額は、翌日あせもで真っ赤っか!
左右ちょっとずつ刈り上げていっては揃わずに、えーいっっ!
とうとう人生初の丸刈り頭にされておりました。
さぁ、夏はこれから。はじまったばかりであります!!

ぷくじゅ

                    
祭りのあと  |組員日誌 |

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんばんは。有吉です!

今年は特に暑い夏になりそうですが、みなさん体調など崩されていませんでしょうか。

僕は汗っかきですが、昨年成功した夏でも自室ではクーラーをつけない生活に味を占め、今年も決行中です。

 

 

さてさてそんな夏のにおいをむんむん感じる毎日。

一足先にお祭り(初夏公演)を終えた青☆組は、先日座組であらためて集まりました。

あれから客演のみなさんがすでに多くの本番を迎えられていて、終わったばかりだと思っていたのにびっくりです。

(小夏さんのお誕生日をお祝いする一幕も!おめでとうございまーす!)

青☆組もお祭りの余韻を感じつつ、次なる公演の準備に進んでおります。お楽しみに!

 

有吉宣人

                    
お礼のことば。  |24-雨と猫といくつかの嘘・2017 |


こんにちは。

大西玲子です。

 

青☆組 vol.23

『雨と猫といくつかの嘘』+

『青色文庫 -其参、アンコール選集-』

 

応援してくださった皆さまのお蔭様で

無事に終演いたしました。

ありがとうございました。

 

かつてない大人数の企画でした。

賑やかなお祭りは、その分、終わってからの寂しさも大きい。

 

個人的な事なのですが、今回は初めて、出演していない作品がありました。

外から、観て、聞いて、改めて感じることが沢山あり、道は長く続いているなぁと。

そして、出演していないからこそ出来たことのもう一つは、その回のお客様全ての方々に「いらっしゃいませ」「ありがとうございます」とお伝えできたこと。

お顔を見て、間近で、直接。

これは本当に幸福なことでした。

 

いつも一緒に作品を仕上げてくださるスタッフの方々にも

今回初めてご一緒した方々にも

心から感謝しています。

 

みなさま、ありがとうございました。

青☆組の次回本公演は、2年ぶりの新作です。

一歩一歩、精進を重ねます。

 

 

大西玲子

                    
| 1/86PAGES | >>